カタログから事務制服を少量発注することも可能

半袖シャツ

規模の小さな会社であっても、事務制服を導入して職場の雰囲気を引き締めたい、制服貸与という福利厚生を社員全員へ平等に行いたいということがあります。しかし、企業担当者を悩ませるのが事務制服のデザインや調達コストです。デザインから調達までオリジナルとなるとコストパフォーマンスの問題が生じてしまいます。そこで、事務制服は専門販売会社のカタログ品を選ぶのがおすすめです。
カタログ品といっても専門販売会社のものは、量産によりコストを抑え品質が高いというだけではありません。カタログ品でありがちなイメージとして、デザインがありきたり、トレンドに合わずにデザインが古いというものがあるものの専門販売会社は違います。デザインは流行を取り入れ、毎年新しいデザインのものをリリースしています。オリジナルの事務制服を導入するには数量が少なすぎるという場合でも、専門販売会社のカタログならデザインと調達コストを両立することができます。最低1着もしくは1セットから注文することができ、事務スタッフが少ない、新入社員が1名しか入社しないという場合でも毎年対応することも可能になります。また、カタログからスタッフの好みに合ったものを選んでも固定費用のコストアップにつながるといったことも回避できます。

ピンクのブラウス

事務制服はカタログからトータルコーディネート品を選ぼう

会社の事務制服などの企画デザインや調達を行っている企業担当者の方、デザイン費用や調達費用の削減に悩まされていませんか?デザイナーに依頼して事務制服のトータルコーディネートを依頼するとどうしてもデ…