事務制服はカタログを請求してスタッフに選ばせよう

女性の脚

近年、事務制服を廃止する企業が少なくないものの、私服勤務の導入に伴い社内での人間関係にトラブルが発生することもあります。しかし、事務制服を再度導入しようとしているものの、不要論が再度出てくるのを防ぎたいという企業担当者の方、カタログを専門販売会社から取り寄せスタッフに選ばせてみてはいかがでしょうか。
事務制服は専門販売会社からトータルコーディネートされ、大量生産によりコストと品質管理が徹底されてものを調達することができます。事務制服があることで、スタッフは会社での服装を気にすることがないだけでなく、業務で私服が汚れるといった心配もなくなります。私服勤務を推奨した結果、服装を理由に汚れる作業を行わないといったスタッフが出てしまうこともあります。事務制服が不要と言われる理由にはデザインの問題があるものの、専門販売会社のカタログに掲載されたものはデザインにトレンドを取り入れています。バリエーションも豊富で、スタッフにカタログから選ばせるスタイルを選択することで、事務制服が嫌われる問題を解決することができます。カタログ請求により、事務制服を選ばせるということ自体がスタッフの一体感を与えるきっかけになる可能性もあります。まずは、事務制服を再検討するなら専門販売会社に相談しましょう。

ピンクのブラウス

事務制服はカタログからトータルコーディネート品を選ぼう

会社の事務制服などの企画デザインや調達を行っている企業担当者の方、デザイン費用や調達費用の削減に悩まされていませんか?デザイナーに依頼して事務制服のトータルコーディネートを依頼するとどうしてもデ…